情報発信ビジネスが経済的自由への近道である理由

「なぜYoutuberが1億円稼げるのか?」

「なぜ普通の大学生がアフィリエイトで年収1億円稼げるのか?」

こういった疑問を持ったことがあるかもしれません。

その理由は、情報発信ビジネスは経済的自由への近道だからです。

具体的には3つの理由があります。

①不労収入になるから
②レバリッジが効くから
③お金がほとんどかからないから

一つずつ見ていきましょう。

①不労収入になるから

不労収入とは働かなくても、自動的に発生する収入のことです。

一般的に知られている不労収入の例としては、以下のようなものがあります。

  • 不動産
  • 自動販売機
  • コインパーキング

こういった自動でお金を生み出すものがあれば、お金のために労働をする必要がなくなります。

つまり、

数ヶ月間、世界一周旅行に出かけていても、
家で1日中ゴロゴロしていても、
病気で入院してしまい、外で働けなくても、

銀行口座に毎月、お金が振り込まれるということです。

そして、情報発信ビジネスもまた、不労収入を得る手段の一つです。(世間的にはあまり知られていませんが)

また、不動産などと違い、お金のない普通の人でも実践することができるのが特徴です。

なぜ、情報発信ビジネスは不労収入になるのか?

それは、インターネット上にコンテンツ(記事や動画)がどんどん積み重なっていくからです。

例えば、筋トレをテーマにブログで記事を書くとしましょう。

記事の中では、広告を貼ったり、プロテインやパーソナルジムなどのサービスを紹介することで、報酬を得ることができます。

こういった記事を1記事、2記事、3記事・・・と積み重ねていけば、ブログには膨大な記事がストックされ、多くの読者が読んでくれるようになります。

そして、商品を買ったり、広告をクリックしてくれるので、自動的に利益が生まれるという仕組みです。

インターネット上に自動販売機を作ると考えると分かりやすいと思います。

②レバリッジが効くから

レバリッジとは、少ない力で大きな力になることを言います。(てこの原理)

要するに、インターネットを通すことで1円のものが100円になったり、1万円になったりするということです。

分かりやすい具体例を出しましょう。

以下の記事を見て下さい。
オリンピックの記事

この記事は、僕が昔、書いたものです。

本来、この記事をインターネットを通さず、現実世界で誰かに読んで貰っても、お金に変えることはできません。

しかし、インターネットを通すことで、この記事は広告収入で2万円になりました。

ブログの広告収入は3PVで1円程度(3人に読まれたら1円)と単価が低いですが、何百万人という人が読んでくれる可能性があるので、広告収入だけで月100万円以上稼いでいる人もいます。

もっと単価の高い商品(数千円~数万円)を販売すれば、一般人でも1億円以上の利益が出すことができます。

これが、インターネットのレバレッジです。

重要なポイントは、あなたが初めから何かのプロである必要はないということです。

それは、あなたが仮に1円程度の価値しか提供できなくても、インターネットのレバリッジ力で1万円、10万円、100万円円になる可能性があるからです。

また、今は無価値のものですら、価値になる時代です。

例えば、Youtubeには、お菓子を食べたり、ゲームをしたり、モノマネをしたりというだけで、月数百万円の利益を得ている人達がいます。

そういった昔はお金にならなかったものが、今はプラットフォームの充実によりお金に変換できるようになっています。

③お金がほとんどかからないから

資金力の無い個人が、オフラインビジネス(インターネットを使わない店舗型のビジネス)を始めるのは、ハードルが高いです。

というのも、初期費用で100万以上、固定費(土地代、人件費など)で毎月数十万の費用がかかったりするからです。

しかし、情報発信ビジネスで利用するメディアは、ほとんど無料です。

  • Twitter
  • Facabook
  • Youtube
  • Instagram
  • Line

これらは全て無料で使えます。

また、ブログは無料と有料がありますが、有料でも月に1,000円程度しかかかりません。

数億円の収益を生み出す可能性がありながら、経費がここまで安いビジネスは他にないでしょう。

失敗しても全く痛くないので、気軽に実践することができる。

これが情報発信ビジネスが、初心者におすすめの理由です。

今回のまとめ

情報発信ビジネスは、

  1. 不労収入になる
  2. レバリッジが効く
  3. お金がほとんどかからない

これらの理由から、

経済的自由への最適な手段と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です