ビジネスとは何か?人類全員がビジネスをしています。

「ビジネスとは何か?」

「人類みなビジネスをしているよ。」

今回はそういったテーマで話していきます。

まず、最初に確認しておきたいこと。

それは、全員が何かしらのビジネスをしているということです。

もし、普通に生活しているのであれば、誰しもビジネスをしていることになります。

一般的には、ビジネスって聞くと、会社作って、社員雇って、借金してみたいなイメージがあると思います。

ただ、ビジネスってそんなに狭いものではありません。

広い意味でのビジネスとは、何かしらの価値を提供して、お金又はそれに関する報酬を得ることです。

簡単に言えば、なにかをあげて、なにかを貰うこと。

これがビジネスです。

 

具体例で考えてみましょう。

例えば、会社員。

会社員は、会社に自分の時間と労働力を提供します。

その代わりに、収入や福利厚生などの報酬をもらうわけですね。

アルバイトも同じです。

じゃあ、働いていない子供はビジネスをしているのか?

答えはイエスです。

子供は両親に対して、ビジネスをしています。

両親の子供として生きること、勉強などを頑張ること。

そういたことが両親にとっての価値であり、逆に親は子供の生活を保障しいてます。

なので、みんな何かしらのビジネスをしているということになります。

 

で、僕たちの日常でもビジネスは普通に行なわれていて、仕事に限った話ではありません。

例えば、

友人の相談に乗ってあげるというのも立派なビジネスです。

もし、友人に親身に相談にのれば、それが次の日に逆に恩として返ってきます。

勉強を教えてあげるというのもビジネスです。

ここまではなんとなく理解できたでしょうか?

ビジネスって難しいものではなくて、他人の役にたつということで、良いのです。

次に考えたいのが、じゃあ、どんなビジネスをしたら良いかということです。

生きている以上、何かしらのビジネスはしなければいけません。

ここで、自分にとって幸せになれるビジネスを探す必要があります。

ビジネスは2つの側面から考えられます。

①誰に何を与えたいか

②誰から何をもらいたいか

この2つです。

この2つが自分の中で満たされた時に、幸せな人生を送れます。

例えば、会社員のほとんどの人が自分の働き方に満足を感じられないのは、この2つを両方とも満たせてない人がほとんどだからです。

自分のやりたい仕事ができず、一生懸命働いても自分が望むもの(お金、経験など)が手に入らないからです。

つまり、そのビジネスは自分にとって、適していないからです。

人間誰しも、自分に適したビジネスがあり、それを見つけていく必要があります。

じゃあ、自分にとって、理想的なビジネスとは何なのか?

そこで、インターネットビジネスというものが登場してきます。

インターネットを利用することで、働き方はより充実してきます。

とりあえず、今回はビジネスとは何かということを理解しておいて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です