情報発信戦国時代の勝ち方

情報発信をする人がめちゃくちゃ増えたと、最近思います。

Youtube、ブログ、インスタグラムを使って、発信するのが当たり前の時代になりました。

昔は情報発信をするだけで、優位に立つことができたのですが、

今は更に、ライバルと差別化して目立つ必要があります。

もう、ふつうに情報発信してるだけじゃダメです。

ほんと、時代の流れって早いですよね。

情報発信戦国時代です。

で、これからは、ただの情報を発信するだけではダメです。

情報はもう無料になります。

最近は、昔は情報商材に含まれていたような情報が無料になってます。

ビジネス本とかも、販売されてもすぐに要約などが記事に上がってますよね。

情報に著作権がない+インターネットの拡散力によって、

無料化の波は逆らえないんですね。

なんで、ただの知識提供では、コンテンツを読んでもらえなくなります。

りんごが無料でもらえるってなって、沢山机に並べられたら、

どれでもいいや

となるのと同じです。

なので、これからしなければいけないことの1つとしては、

自分の世界を発信して、巻き込むということです。

例えば、掃除機aと掃除機b、掃除機cがあったときに、今の時代ってどれも機能的価値はほとんど同じです。

しかも機能的価値に関する情報発信としている。

じゃあ、どの掃除機が買ってもらえるかというと、

独自の世界観を表現しているものです。

例えば、「世界一主婦の気持ちに寄り添う掃除機」みたいなコンセプトがあって、開発されていたら面白いと思います。

1万人の主婦に意見を求めて改善を繰り返した、最強の掃除機 みたいな。

「大阪のキツめのおばちゃんも大満足」みたいなコピーがあったら気になりますよね。

そういうストーリーを語って、販売されてたら買ってしまうと思います。

そういうことが大事になってきます。

自分が目指す世界がなんなのか?(コンセプト)

そして、自分はどのように考えて行動をしているのか?(キャラ)

この2つが重要になります。

あと、問題解決能力より問題設定能力の方が希少価値が高くなります。

問題解決の方は知識の無力化や、人工知能の波によって、希少価値が下がってきます。

逆に今は情報が氾濫しているので、問題を設定できる人が求められるようになります。

話を戻すと、

いまは、

自分の世界で語ること

そして自分がどのように行動しているか

が重要になっています。

他にもありますが、この2つはかなり重要度が高いと思います。

情報発信時代を生き抜くための知恵として、頭に入れておいて頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です